“しろべっこう”の漢字の書き方と例文
語句割合
白鼈甲100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妙子は、もう近頃は幸子の前でおおびらになっているので、帯の間から白鼈甲の煙草入を出して、昨今では貴重な舶来の金口を一本取って、ライタアを点じた。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
支那金魚の感じがする円顔の出眼の婦人で、髪の毛を割らずに、額の生えから頭の頂辺へはりねずみの臀部く次第に高く膨らがして、の所へ非常に大きな白鼈甲を挿して
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)