“しろせんだん”の漢字の書き方と例文
語句割合
白栴檀100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くよと見えた才蔵が、片手なぐりに藤次のをはらったが、パキン! というすさまじい音と一しょに、かれの手にあった三、四寸の白栴檀小太刀が、槍ではねられたいをくって
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
はしなくも、遺恨試合となった激怒のハズミに、才蔵いで、虚空にとばされた白栴檀木太刀が、そのとき、つつがなく地上に落ちてかえってくれば、なんのことはなかったのである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)