“しろがねづくり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白金造50.0%
銀造50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
萬一事有るの曉には絲竹に鍛へし白金造打物は何程の用にか立つべき。射向の袖を却て覆ひに捨鞭のみ烈しく打ちて、笑ひを敵に殘すはのあたり見るが如し。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
きを誇りし圓打野太刀も、何時しか銀造の細鞘にを打たせ、清らなる布衣の下に練貫の袖さへ見ゆるに、弓矢持つべき手に管絃の調とは、言ふもうたてき事なりけり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)