“しょしゅん”の漢字の書き方と例文
語句割合
初春100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初春の午前八時、丸の内オフィス街はまだ夜明けのヒッソリとした感じであった。
妖虫 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
春も初春でもなければ中春でもない、晩春の相である、丁度桜花が爛熳と咲き乱れて、稍々めようという所だ、遠く霞んだ中空に、美しくおぼろおぼろとした春の月が照っている晩を
余が翻訳の標準 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)