“しょうたくち”の漢字の書き方と例文
語句割合
沼沢地100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
匈奴はまたしても、元の遠巻き戦術にった。五日め、漢軍は、平沙の中にときに見出される沼沢地の一つに踏入った。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
雨の夜は腐木が燐火のように燃え、白昼沼沢地の間では、が野兎を呑んでいたりした。
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)