“しゆんしやう”の漢字の書き方と例文
語句割合
春章100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
春章や歌麿の美人画代りに、きた女菩薩でも探し出して、腰弁当でちよく/\出掛けたらどんな物だらう。
自分は春信歌麿春章や其れよりつて国貞芳年の絵などを見るにつけ、それ等と今日の清方夢二などの絵を比較するに、時代の推移は人間の生活と思想とを変化させるのみならず
虫干 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)