“しゅうねんぶけ”の漢字の書き方と例文
語句割合
執念深100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あとで、はい、理右衛門爺りえむじいさまもそういっけえ、この年になるまで、昨夜ゆうべぐれえ執念深しゅうねんぶけえあやかしのいた事はねえだって。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
甚「ふうん執念深しゅうねんぶけえ女だな、成程ふうん」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)