“しゃたん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
赭丹66.7%
謝端33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けだし赭丹って身にく、赭丹は馬腹中に産するところの物、これを用いて念呪すなわち風雨を致す〉と載せた赭丹も、蒙古名シャダーの音訳だ。
一面に赭丹を流したよう素地を見ることが出来なかったそうであった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
無髯赭丹色をした顔には、顴骨突起と下顎骨が異常に発達している代りに、鼻翼の周囲が陥ち窪み、その相はいかにも醜怪で——と云うよりもむしろ脱俗的な、いわゆる胡面梵相とでも云いたい
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
晋の安帝のとき、候官県の謝端は幼い頃に父母をうしない、別に親類もないので、となりの人に養育されて成長した。