“しまのかみ”の漢字の書き方と例文
語句割合
志摩守100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
側用人丹下村右衞門は先代志摩守歿後ドサクサれに三萬六千兩の黄金と、しい財寶骨董をこの土藏に取込み、山崎家取潰しの時これを目録から除外させて、ほとぼりのさめた後
右は松前志摩守、左は小笠原家の下屋敷、どちらを見ても、人影一つ灯影一つ見えない寂しい屋敷ばかりで、突き当たりはまた魔の住み家のような、広大もない本所お倉の高い建物なのです。
去年お取潰しになった、讃州丸亀の山崎志摩守様のお下屋敷跡ですよ。
「去年お取潰しになつた、讃州丸龜の山崎志摩守樣の御下屋敷跡ですよ。土藏一つだけ殘つて居ますが、あれはひどい雨漏りで、山崎樣御盛の頃拂下げになり、取こはすつもりで、そのまゝになつて居ります」