“しのびがえし”の漢字の書き方と例文
語句割合
忍返100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
突出に額を打たれ、忍返の釘に眼を刺され、と血とともに総身が熱く、たちまち、罪ある蛇になって、攀上る石段は、お七が火の見を駆上った思いがして、す太陽は
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)