“しうさい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
秀才66.7%
囚宰33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたし奈何どうかすると知識ちしきのある秀才しうさいはなしてゐることをゆめることがあります。』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そのむかし秀才しうさいの名の高かりし
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
迷信は彼等を禁籠する囚宰しうさいとなり、弱志弱意は彼等を枯死せしむる荒野あれのとなり、彼等をして人間の霊性を放擲はうてきして
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
PR