“これとき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コレトキ
語句割合
維時66.7%
惟時33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
定基は大江斉光なりみつの子で、斉光は参議左大弁正三位さたいべんしょうさんみまでに至った人で、贈従二位大江維時これときの子であった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
該地に滞留すること八日維時これとき、その月二十八日夜、寝に就く。
妖怪報告 (新字新仮名) / 井上円了(著)
阿蘇あそノ大宮司惟時これとき、出雲の宇佐うさ兵衛ノじょう助景の手の者が、まっさきに来て、ご警固に付き、新田の諸侍しょざむらい、千葉、宇都宮、そのほか戦線から脱落していた軍兵なども、北白川から志賀越えへかけては、ぞくぞく、おあとを慕って来る。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)