“こしぢ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:コシヂ
語句割合
越路100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風雅ふうがをもつて我国にあそぶ人、雪中をさけて三ころ此地をふむゆゑ、越路こしぢの雪をしらず。
しかるに越路こしぢの雪をこと作意つくるゆゑたがふ事ありて、我国の心にはわらふべきがおほし。