“こうざい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
絞罪50.0%
鋼材33.3%
好在16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絞罪こうざいより、斬首ざんしゅより、その極刑をお撰びなさるがよろしい。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ありますとも。日本では絞罪こうざいです。」
河童 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ただ床だけは、迷彩めいさいをほどこした鋼材こうざいの動く滑走路がまん中をつらぬいているので、異様な気分をあおりたてる。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
三浦半島のとっさきの剣崎つるぎざきの付近から原子力エンジンを使ってボーリングを始めましたが、どんどん鋼材こうざいとセメントを注ぎこんで、その日のうちに工事は海面下五十メートルに達するという進み方です。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そのてい蛮のごとし、戯れに詩を作りていわく、〈宿房の大黒晨炊を侑む、まさ若耶渓じゃくやけいの女の眉を掃くべきに、好在こうざい忘心一点もなし、服はただ繒布そうふにして語は蛮夷なり〉。