“こあを”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
濃青87.5%
紺青12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
濃青な海の色あひには及ばない。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
霜いたり空は濃青き夜の明けに筑波の山はくきやかに見つ
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
めしい紺青となつて空から私に降りかゝる。