“けんそん”の漢字の書き方と例文
語句割合
謙遜100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして自分の無能と不心得から、無惨にも離散になっている妻子供をまとめて、謙遜な気持で継母の畠仕事の手伝いをして働こう。
贋物 (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
奈何せん寒微より起りて、智浅く徳し、といえるは、謙遜の態度を取り、反求の工夫に切に、まず飾らざる、誠に美とすべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『もうないから、萬望して頂戴な』とちやんは謙遜して、『二れないわ。屹度そんな井戸あつてよ』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)