“くわいゐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
魁偉83.3%
瑰偉16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北庭筑波きたにはつくばが撮影した写真を見ると、北畠ドクトルは英吉利イギリス風の頬髯を蓄へた、容貌魁偉くわいゐな紳士である。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
一層魁偉くわいゐおもむきを呈して居るので、その雲煙の変化が少なからず
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
足本國の外をまざる我徒ともがらに至りては、只だその瑰偉くわいゐ珍奇なるがために魂をうばはれぬれば、今たその髣髴はうふつをだに語ることを得ざるならん。