“かまきり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カマキリ
語句割合
蟷螂91.5%
螳螂8.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのあとを、馬鍬にとりついて行く男の上半身シヤツ一枚の蟷螂みたいな痩せぎすな恰好はたしかに秀治にちがいなかつた。
押しかけ女房 (新字新仮名) / 伊藤永之介(著)
孟坦という韓福の一部将はすこぶる猛気の高い勇者だったが、これも関羽のまえに立っては、斧にむかう蟷螂のようなものにしか見えなかった。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お秋さんはそれを見て「ふぐり見た樣ですね」といつた。自分は意外であつた。お秋さんは眞面目である。能く聞いて見たらふぐりといつたのはのふぐりといふことで螳螂の卵のことだ相である。
炭焼のむすめ (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
螳螂の軍に加わるきりぎりすのようなものでござる」
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)