“おんだい”の漢字の書き方と例文
語句割合
御代100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
某申候は、武具と香木との相違は某若輩ながら心得居る、泰勝院殿たいしょういんでん御代おんだいに、蒲生がもう殿申されそろ
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
妙解院殿の御代おんだいに至り、寛永十四年冬島原攻しまばらぜめの御供いたし、翌十五年二月二十七日兼田弥一右衛門かねたやいちえもんとともに、御当家攻口せめくちの一番乗と名告り、海に臨める城壁の上にて陣亡いたし候。
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)