“おおもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大本90.9%
大元9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一筋にして神のくによりでおる! ……われらが今回のくわだてこそは、この大本おおもとに返さんと、中頃大本をあやまったるところの、越権専横の武臣北条を
あさひの鎧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
が、それほどな英時も、大本おおもとの鎌倉幕府の倒壊とうかいに会してはぜひもない。保身的な豹変者ひょうへんしゃ、元来からの宮方勢の包囲のうちに、あえなく自刃をとげてしまった。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)