“いくとし”の漢字の書き方と例文
語句割合
幾年100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幾月いくつきも、幾年いくとしもたちましたけれど、おとこは、わすれたものか、ともだちのいえへあずけたりにゆきませんでした。
ある男と無花果 (新字新仮名) / 小川未明(著)
おとなしく身をまかせつる幾年いくとしは親を恨みし反逆者ぞ
柳原燁子(白蓮) (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)