“空遠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そらとお50.0%
そらとほ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一首の意は、妻の居るあたりをもっと見たいのだが、自分の乗っている青馬の駈けるのが速いので、妻のいる筈の里も、いつか空遠そらとおく隔ってしまった、というのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
いとおよぶまじとりてもたゞられず、ツト團扇うちわたかくあぐればアナヤほたる空遠そらとほんで手元てもといかゞるびけん
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)