“黄檗宗”の読み方と例文
読み方割合
おうばくしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また自分はそんな冒険な事をやらないでも黄檗宗の一寺の住職になって居りさえすればごく安楽に過せる位置までに進んで居ります。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
黄檗宗のお寺ですから、下にずっとを敷き詰めて、三方腰掛になっているのは支那風なのでしょう。御墓所は本堂の右手裏にありました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
それらの光景は私の眼には北斎の画題を思起させる。いつぞや芝白金瑞聖寺という名高い黄檗宗の禅寺を見に行った時その門前の閑地に一人の男がと元結の車を繰っていた。