“鴞”の読み方と例文
読み方割合
ふくろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わしの左が鶏になったら、時を告げさせようし、右臂がき弓になったら、それででもとってり肉をこしらえようし、わしのが車輪になり、魂が馬にでもなれば
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
が生えて、母鳥をつッつくのとおんなじようなことをしようというのですか
青蛙神 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それは夕陽の射した庭の樹に一羽のがきて啼いているところであった。
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)