“鳥辺野”の読み方と例文
読み方割合
とりべの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水にも、火にも、の尽きなかったおばさんの魂魄、今度こそは、あの鳥辺野の煙できれいな灰となってしまって下さい。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
いよいよ夫人を鳥辺野の火葬場へ送ることになった。こうしてまた人々は悲しんだのである。
源氏物語:09 葵 (新字新仮名) / 紫式部(著)
十七日の月が出てきて、加茂川の河原を通るころ、前駆の者の持つ松明の淡い明りに鳥辺野のほうが見えるというこんな不気味な景色にも源氏の恐怖心はもう麻痺してしまっていた。
源氏物語:04 夕顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)