“鯨遊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げいゆう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鯨遊”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
八幡船ばはんせんなるものに乗りこんで、海濤万里かいとうばんりをものともせず、南の島々から大明だいみんの沿海はいうに及ばず、揚子江は鱖魚けつぎょのごとく千里をさかのぼり、高麗の辺境までも鯨遊げいゆうして、半生、海を家として送って来た男どもの果てであると聞くと、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)