“鯁骨”の読み方と例文
読み方割合
こうこつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鯁骨の名の高い彼のはいかなる権威にも屈することを知らない。ただし前後にたった一度、ある顔馴染みのお嬢さんへうっかりお時儀をしてしまったことがある。
お時儀 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
もし陛下の御身近く忠義鯁骨の臣があって、陛下の赤子に差異はない、なにとぞ二十四名の者ども、罪の浅きも深きも一同に御宥し下されて、反省改悟の機会を御与え下されかしと
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
三楽がしも小田氏の如く勢に附したらば、失敗はせざりしならむ。三楽は鯁骨を有す。成敗以外に、巍然として男子の意気地を貫きたり。成敗を以て英雄を論ずべからずとは、三楽の事也。
秋の筑波山 (新字新仮名) / 大町桂月(著)