“鬚籠”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬚籠”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大樹公へは天盃を賜り御馬を賜る。御盃台は柳箱やないばこ、松を著け、松に鬚籠ひげこく。夜戌の半刻頃御退出にて、亥刻前施薬院を御立ち、伯元等と亥刻に旅宿へ帰る。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
PR