“髭男”の読み方と例文
読み方割合
ひげおとこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山荘の留守居にあの髭男の侍などが残るであろうことを思って、ここに近い領地の支配をする者を呼び寄せて、今後もここへそれらの人の生活に不足せぬほどの物を届けさせる用も命じた。
源氏物語:50 早蕨 (新字新仮名) / 紫式部(著)
作者の髭男でなかったことだけは断定しても差支はあるまい。加賀の金沢でこの花をヤケドハナというと、私に教えてくれた人もあるが、もしあるいはヤイトバナの記憶ちがいではないか。
悲しそうな顔になって髭男は泣き出した。
源氏物語:48 椎が本 (新字新仮名) / 紫式部(著)