“高瀬”の読み方と例文
読み方割合
たかせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのでも「高瀬君、高瀬君」と言つて頼りにして呉れる広岡学士の年をとつた顔を眺め、さも力を落して居るらしい先生の容子を見ると
突貫 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
中房から東沢乗越を経て高瀬川の上流へと下り烏帽子へかかって沢から黒部川へ出ることも出来る。
可愛い山 (新字新仮名) / 石川欣一(著)
姉は木曾福島のほうにある高瀬の家にかたづいていました。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)