“體附:からだつき” の例文
“體附:からだつき”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“體附:からだつき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
博士が見て、「おう、起きたか、起きたか、い子だなあ」と云ふと、伸ばした兩手をおとうさんの方へ向けて、抱かれる用意のやうな體附からだつきをして笑つた。
半日 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)