“飄々何所似”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
へうへうなんのにたるところ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“飄々何所似”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
飄々何所似へうへうなんのにたるところ天地一沙鴎てんちいちさおうと杜甫が句を誦し且つ誦したる時、その船の機関長とか云ふ赭髯緑眼しやぜんりよくがんの男来つて、キヤン、ユウ、スペーク、エングリツシ?、我答へて曰く
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)