“青柳町”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あおやぎちょう66.7%
あをやぎちやう33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青柳町から護国寺の前を通って、田んぼのあいだを行くと、そこらはもう雑司ヶ谷であった。一面の青い色が、お高をよろこばせた。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
護国寺前……東青柳町に野上佐太夫というお旗本がありますそうで……。わたくしは昨今こちらへ参りましたのでよくは存じませんが、三百石取りのお屋敷だとか承わりました。
半七捕物帳:69 白蝶怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)