“青柳東里”の読み方と例文
読み方割合
あをやぎとうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天保六年七月十三日に歿したとすると、此時五十七歳であつた筈である。に云ふ。青柳東里の続諸家人物誌には村卜総の次に此人を載せてゐながら、目次に脱逸してゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)