“青柳亭”の読み方と例文
読み方割合
あおやぎてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここらでただ一軒という寄席青柳亭が看板のす頃になると、大股に曳き摺って行くような下駄の音がとしきり私の門前を賑わして、寄席帰りの書生さんの琵琶歌などが聞えます。
二階から (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)