“霊業”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かみわざ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“霊業”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「これはこれは天下高名の裸体武兵衛殿でござったか。さりとは知らず飛んだ失礼、どうぞご容赦くださいますよう——中津川城下の悪疫あくえきをわずかの間に身をもって払った神変奇特の霊業かみわざは先般より承知致してござった。そのご貴殿に今日逢うとは全く縁は奇なものでござる」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)