“震雷”の読み方と例文
読み方割合
しんらい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大塔ノ宮の名は、敵にも味方にも、なにか雲表震雷みたいな畏怖と神秘感をもたれ、そのうごきには関東方など、神経質にまでなっている。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
公宗と両探題は、息もつまる思いでヒレ伏しているうちに、一震雷のようなお声がから頭上へ落ちて来たかと思った。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
北雲の天は、相かわらずい。袁紹は死し、曹操の威は震雷している。——が、果たして、旧土の亡民は、心からその威に服しているかどうか。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)