“雲母紙”の読み方と例文
読み方割合
うんもし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子供心に不思議に思いながら叔父にいて中に這入ると、上り口は半坪ばかりのタタキで、あと十畳ばかりの板の間に穴だらけのリノリウムを敷いて、天井にはぼけた雲母紙が貼ってあった。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
雲母紙を張った天井を
楢ノ木大学士の野宿 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
雲母紙を張った天井
楢ノ木大学士の野宿 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)