“雪解時”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆきげどき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雪解時”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
雪解時ゆきげどきの泉のように、あらん限りの感情が目まぐるしくわき上がっていたその胸には、底のほうに暗い悲哀がこちんとよどんでいるばかりだった。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
雪解時ゆきげどきにもかゝはらず清水は減つて、上田橋うへだばしたもとにある水量測定器の白く塗られた杭には、からびた冬のあくたがへばりついてゐた。
父の死 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)