“際中”の読み方と例文
読み方割合
さなか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
公証人氏は安ピカの、頭字かしらじ入のメタルに見入つてゐる際中さなか
さていま一度、ガタリと跳ねる、骨の歌声、踊りの際中さなか