“阿知直”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あちのあたえ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“阿知直”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それから阿知直あちのあたえに対しても、ごほうびにくらつかさという役におつけになり、たいそうな田地でんぢをもおくだしになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
それを阿知直あちのあたえという者が、すばやくおかかえ申しあげ、むりやりにうまにお乗せ申して、大和やまとへ向かってげ出して行きました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)