“阿星”の読み方と例文
読み方割合
あぼし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「御浪人の阿星右太五郎さんも怨んでゐたし、やくざ者の投げ節の小三郎も怨んでゐたかも知れない、商賣敵の師匠のお組だつて、好い心持でなかつたことだらう」
「あつしは知りませんが、原の郷に阿星半七郎といふ、大變な浪人者が居ます。もとはお銀の好い人で、今は向島一帶を繩張りにして居る侍やくざですが、その男に訊いたらわかるでせう」
有徳の浪人阿星右太五郎は、ひどく心得顏に、平次と八五郎を迎へたのです。