“間部詮勝”の読み方と例文
読み方割合
まなべあきかつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その間部詮勝要撃のため、同志を糾合し、京に入らんとし、その父、叔父、兄に向って訣別の書を作りしは、同十一月六日なり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
この時、井伊の輩下たる間部詮勝と長野主膳は志士の裏を掻いて、京都のアンチ井伊の主魁と目された頼三樹三郎・山岡慎太郎・梅田雲浜等を捕へた。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
そのとき幕府では水野忠邦と堀田正睦間部詮勝らがしりぞき、阿部正弘が老中となって政治の転換を断行していた。その大きなあらわれの一つが水戸斉昭の隠居謹慎である。
新潮記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)