“開墓”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あきはか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“開墓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
所が、彼が、とある破風造りの開墓あきはかの前を横切らうとした時、その中で何か動いて居る物の影が彼の眼を掠めた。
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)