“銭石山”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんせきさん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭石山”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ところが、それが、僕のはお柳の主人の銭石山せんせきさんに紹介されたんだからね。銭石山より、まだ僕の方がましだろう。」
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
甲谷は豪商のお柳の主人の銭石山せんせきさんに、材木を売りつける方法を考えながら、女中の指差した奥を見た。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)