“釜焚”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かまた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“釜焚”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
けい あら。あなたのように船底へもぐり込んで釜焚かまたきに怒鳴られたりはしませんわ。
女の一生 (新字新仮名) / 森本薫(著)
相手の巨漢は動かなかった。「俺は汽鑵部の又野という釜焚かまたきだ」
オンチ (新字新仮名) / 夢野久作(著)