“還着於本人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げんちゃくおほんにん50.0%
げんぢゃくおほんにん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“還着於本人”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
吒幾爾だきにの密法は容易ならざる呪詛じゅそであって、もし神々がそれを受けない時には還着於本人げんちゃくおほんにんと言ってのろったものに呪詛がかえるのだからといって。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
「きょうの祈祷は雨乞いでござりませぬ。調伏ちょうぶくの祈祷とみました。呪詛諸毒薬じゅそしょどくやく還着於本人げんぢゃくおほんにんと、み仏も説かれてある。そのような怖ろしい場所へ立ち寄るなどと思いも寄らぬことでござりまする」
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)