“蹇:なや” の例文
“蹇:なや”を含む作品の著者(上位)作品数
ハンス・クリスチャン・アンデルセン1
“蹇:なや”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
兎をやかりせんとする、さらずば天馬空を行くとかいふ詩想の象徴をや示さんとする、と公子語を繼いで云へば、ジエンナロ、否、われ等の跬歩きほなやめる處を、かれは能く飛行すと誇るなるべし、いざ我が濟勝さいしようの具の渠に劣らぬを證せんとて、我傍に引きうて走り出しぬ。