“観誦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんじゅ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“観誦”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教教理・仏教哲学100.0%
哲学 > 仏教 > 経典50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「真言は不思議なり。観誦かんじゅすれば無明むみょうを除く。一字に千理を含み、即身に法如ほうにょを証す」
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)