“西蕃”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せいばん66.7%
さいばん33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
保儀使といえば軍人でも佐官に過ぎない。のみならずこの宣賛は、西蕃との混血児である。ヒゲは赤く、ちぢれ毛で、鍋底のような顔にまた念入りにも雄大なる獅子ッ鼻ときている。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
西蕃の守りに任じ、天子に朝拝する折もめったになく、国舅とも稀にしかお目にかかれんで、押してご面会をねがったわけだが——こう打見るところ、さしてご病中のようにも見られぬ。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
むかし西蕃から渡来した黄熟香を、時の聖武が蘭奢待の三字に寺の名を入れて、その儘東大寺の宝蔵に納められた稀代の沈香で、正倉院の目録によると、重量二貫五百目、長さ五尺二寸